wkyGeeklog自動インストーラーのバージョン2.4.13をリリース!

最新版がダウンロードできていない、カスタマイズ済みのオリジナルバージョンを使いたい。そんな使い方もできる「ローカルファイル指定機能」がありましたが、ちゃんと指定ファイルを読み込んでいるのかよくわからない状態でした。当バージョンではローカルファイルが指定されていたらメッセージ表示やステータスバーへ表示(画像参照)するよういたしました。

ダウンロード: wkyGeeklogインストーラー 2.4.14 =Geeklog自動インストールソフト=


ローカルファイルを指定したいときは

現在メンテナンス時間がとれなく最新版が取得できなくなることがあります。
または、オリジナル機能や自社ロゴを組み込むなどカスタマイズ済みのオリジナルバージョンを当ツールで簡単にインストールしたい。
そういった場合でも、以下の方法を使えば最新版をインストールすることができます。

各自動インストーラーと同じディレクトリへarchive.iniファイルを作成して、最新版パッケージの圧縮ファイル(アーカイブ)を指定してやればインストールできます。 当ツールで簡単にインストールしたい場合は、ローカルの圧縮ファイル(本体)を指定できる機能をご参考にarchive.iniファイルを作成ください。
(※バージョンアップ等でディレクトリ構成など変わっていた場合は動かないこともございます。ご了承ください)

今回のバージョンアップでこの指定された圧縮ファイルのパスを表示するようにしました。これで指定時には、わかりやすくなります。


現在開発中の次期バージョンGeeklog2.0.0b1をローカルファイル指定機能を使いインストールしてみましたが問題なく動きましたので、この機能を使えばGeeklog2.0が正式リリースされたらすぐにインストールできます!


[その他関連ファイル]

Tag: ニュース geeklog インストール wkyinstaller wkygeekloginstaller update